コロナショックで株価と実態経済が分断

開催日時:8月16日(日) 

【第一部】14時〜

【第二部】21時〜

参加費:無料

本セミナーでは金融商品のご説明や金融商品取引契約の締結をご案内する目的がございます。

ご都合のいい時間でご参加ください

2020年後半 

資産倍増を狙うレガシー戦略

コロナ危機第2波で

リターンを狙う方法

今回のコロナショックのような大暴落は大半の投資家にとって、自分の資産を減らしてしまうピンチですが、大富豪が実践しているような「賢い投資法」を知っていれば、この株価暴落を見方につけて、逆にリターンを狙えるチャンスと捉えることができます。ウェブセミナーでは、到来が予想されるコロナ危機の第2波を利用して投資のリターンを倍増させることを狙う戦略をお伝えしていきます。


コロナ危機を利用して

倍増リターンを狙う方法

100年前に全世界で猛威を奮ったスペイン風邪は第1波発生の数ヶ月後に第2波が発生し、重症化する人が続出。第1波を越える大量の感染者と死亡者を出し、第3波まで続きました。このような過去の歴史から今回のコロナでも第2波が起こるかもしれません。「第2波」の感染爆発が起きれば被害は壊滅的になる可能性があるでしょう…

コロナ危機第2波が

第1波より危険な理由

このセミナーで学べることは・・・

コロナ危機の第2波が予想されているこの状況では、株価はいつ回復に転じるか予測できず、長期戦も視野に入れなければいけません。実際に、株価が87%も下落した1929年の大恐慌では、株価が元に戻るまでに24年もかかりました。今回のコロナショックがどの程度の規模になるのかはまだわかりませんが、株価の上昇を信じて待っている期間は精神的に辛いですよね?そこであなたには、ウェブセミナーでお伝えするような、株価の下落が続いても、株価が上昇に転じても、どちらの期間にもリターンを狙える方法をぜひ知っていただきたいと思います。

セミナー講師

1979.7.13(40歳)

インベストメントカレッジ代表取締役


2006年から投資家育成事業を開始し、これまで10万人を超える投資家を教育してきている。


金融危機のあった2008年には、多くの投資家の資産を守る啓蒙を行い、多くの投資家の資産を守った実績を持つ。


2020年現在、マーク・フォードの日本における事業パートナーとして大富豪の投資術の普及活動に励んでいる。

江崎孝彦